zs1

象印の最高品質炊飯器 南部鉄器極め羽釜 プライムブラックNP-QS06-BZ



美味しいお米をより美味しく炊き上げる・・・・
日本人のお米の対する味の追及は一種の文化と言えます。

そんな美味しいご飯を炊き上げたい方向けに、おすすめの炊飯器をご紹介します。
炊飯器に対する開発では、やはり頭一つ抜けてる象印の最高級炊飯器です。

象印 炊飯器 圧力IH式 3.5合 南部鉄器極め羽釜 プライムブラック NP-QS06-BZ

象印 炊飯器 圧力IH式 3.5合 南部鉄器極め羽釜 プライムブラック NP-QS06-BZ
象印 炊飯器 圧力IH式 3.5合 南部鉄器極め羽釜 プライムブラック NP-QS06-BZ

74,567円

assocbutt_gr_detail._V371070194_

 

zs2

「南部鉄器 極め羽釜 」3.5合炊き
17世紀中ごろが起源とされ、今なお愛される南部鉄器。かまどの炎を受け止め、昔ながらの炊き方を支えていた羽釜。この蓄熱性の高い南部鉄器が、IHから伝わる大火力を釜内に溜め込み、激しい熱対流を起こします。

さらに鉄とIH加熱は相性がよく、炊飯で最も火力が必要な、中パッパの沸とう時に素早く熱を伝えます。(NP-QS(南部鉄器)の発熱効率82.7%:電波法に定める電磁調理器の高周波出力測定方法にて測定)

小さい3.5合炊きが新たに登場。一人分、二人分のごはんでも、贅沢な味わいに。

 

zs3

広くて浅い羽釜
釜全体に効率よく熱が伝わるため、沸とう前から炊きムラを抑えられます。

「うるおい二重内ぶた」が「おねば」を釜内に閉じ込め、余分な蒸気を外に出します。これにより、吹きこぼれを抑えて羽釜炊きの大火力で炊き続けることができます。しかも、保温時も必要な水分が逃げるのを抑え、保温したごはんのうるおいを保ちます。

 

 

zs4大火力で包み込む「かまどヒーター」
釜の羽に密着して、じかに熱を伝える「かまどヒーター」。側面からの加熱を約1.7倍※1に強化することで、大火力を生み出しました。さらに、底・ふたヒーターからの加熱も強く、かまどの炎のような強火で、お米一粒一粒に熱を行き渡らせます。

 

 

 

 

zs5

大火力を閉じ込める「空気断熱層」
スプリング(ばね)構造のかまどヒーターの上に釜の羽が乗り、羽釜と本体部分が密着。そこに生まれる「空気断熱層」が、高い蓄熱・断熱効果を発揮し、釜内から熱を逃しません。羽釜炊きの大火力を閉じこめて、ごはんの粘りや弾力を目覚めさせます。

 

 

 

 

象印炊飯器の売り上げランキング